医療機器は内容ごとに細かい販売管理が必要です

漏れのない販売管理をするには医療機器知識が求められる

医療機器は内容ごとに細かい販売管理が必要です

取り扱い

病院で使われている医療機器を、病院や介護施設、福祉施設に販売する業者には医療機器を取り扱い販売管理することに対する許可が必要になります。
医療機器には、人体に与える影響の段階毎にクラス分類がわかれています。
販売管理業者は、その知識を持って販売と管理を行なう必要があります。
高度な医療機器を販売した場合は、どのメーカーから仕入れを行い、どの病院に収めたのか、その際の機械のロットNo.等を管理してその情報を一定期間保存しておく必要があるのです。
そうして、もし同じメーカーの医療機器に問題が起こった場合、その医療機器がどの病院で使われているのかを追いかけることが出来るようになっています。
販売管理はメーカーから、どういった業者を経由して、どの病院に納品されたかまでをそれぞれの段階で管理されていきます。

そのため、医療機器の販売を取り扱う業者やメーカーは販売管理を行なうことを国もしくは都道府県に届出を行い、認可されることが必要になるのです。
医療現場で使われる機器の販売を行なう際にすべての医療機器に関して管理が必要なわけではありません。
人体への影響が大きいと判断される高度な機器の場合、管理が必要になります。
その見分けを行なうのは、メーカーからの連絡や取り扱う業者の責任になります。

what's new

2013/04/17
システム管理を更新。
2013/04/17
高度管理を更新。
2013/04/17
特定保守を更新。
2013/04/17
クラス分類を更新。
2013/04/17
トップページを更新。